岩崎書店 子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀 空想科学小説」刊行に際して

文=松岡由紀、東野 司

21世紀空想科学小説シリーズ

  • 刊行 岩崎書店
  • 判型 四六版/ソフトカバー
  • 価格 各¥1,575(¥1,500+税)

[2013年7月 第1回同時配本]

『かめくんのこと』
  • 『かめくんのこと』
  • 北野勇作・作/森川弘子・絵
  • ISBN-10 4265075010
  • ISBN-13 978-4-265-07501-0
  • 246ページ
『何かが来た』
  • 『何かが来た』
  • 東野 司・作/佐竹美保・絵
  • ISBN-10 4265075029
  • ISBN-13 978-4-265-07502-7
  • 238ページ

[2013年8月 第2回同時配本]

『クサヨミ』
  • 『クサヨミ』
  • 藤田雅矢・作/中川悠京・絵
  • ISBN-10 4265075037
  • ISBN-13 978-4-265-07503-4
  • 222ページ
『小惑星2162DSの謎』
  • 『小惑星2162DSの謎』
  • 林 譲治・作/YOUCHAN・絵
  • ISBN-10 4265075045
  • ISBN-13 978-4-265-07504-1
  • 214ページ

〈21世紀空想科学小説〉シリーズについて

今のSFファンの大人たちが子どもだった頃、アーサー・C・クラークやヴェルヌ、ウェルズ、小松左京や星新一らのSFに心躍らせて育ちました。それらは現在も「古典」として親しまれていますが、科学はめざましく発達したにもかかわらず、それを踏まえた新しいSFが子どもに向けてあまり書かれていませんでした。科学のその先を見る力は、物語が養うものだと思います。「福島正実記念SF童話賞」を長年共催してきて、さまざまな形で子ども向けSFを出版しつづけてきた岩崎書店として、今こそ届けたい「新作のSFシリーズ」です。

日本SF作家クラブ創立50周年という、またとないチャンスにお声掛けいただけましたことに感謝しております。

岩崎書店 編集部 松岡由紀

いまのSFをいまの子どもたちへ

世界は常に変化し、子どもも変わる。
インフラごと世界が変わり変化がわかりやすかった時代に比べ、今は変化が奥底に沈み、見えづらい時代となった。
そして、そんな時代に生きる子どもたちも変化している。デジタルツールの扱い、人間関係の精妙なコントロールなど、驚くほどの繊細さで生きている。私たちのころと大違いだ。
その違いこそが「いま」なのだ。それは逃れることができない、子どもたちの現実だ。

しかし、それでも子どもたちの心の内には変わらぬものもあるはずだ。時代がいかに変わり、子どもたち自身が変わろうとも、ワクワクするSF物語への渇望は変わることなく、あり続けていると。かつての私たちもそうだったように。
だからこそ、送りたい。「いま」をまとった、不変の「ワクワクするSF物語」を。

私たちが福島さん、小松さん、眉村さん、光瀬さんなどなどから受けた想いと感動を。
私たち、いまのSF作家が送りたい。

岩崎書店〈21世紀 空想科学小説〉シリーズはその答えである。

日本SF作家クラブ会長 東野 司