『ポストヒューマニティーズ 伊藤計劃以後のSF』刊行記念トークショウ(2013.10.05)

2013年10月5日開催 | ジュンク堂書店 池袋本店

終了しました

トークショウ詳細

  • 日時:2013年10月5日(土)19時30分 より
  • 場所:ジュンク堂書店 池袋本店 4階カフェ
  • 出演:八杉将司 ・ 岡和田晃 ・ 海老原豊
  • 定員:40名(お電話又はご来店にてお申し込み先着順)
  • 入場料:1,000円(ドリンク付)
  • 申し込み:電話(03-5956-6111)又はご来店(1Fサービスカウンター)にて
    ※特に整理券、ご予約のお控え等はありません。
  • キャンセル:電話(03-5956-6111)まで必ずご連絡ください。
  • その他問い合わせ先:ジュンク堂書店 池袋本店 TEL03-5956-6111

未来を産出(デリヴァリ)するために~新しい人間、新しいSF~

SF評論集『ポストヒューマニティーズ 伊藤計劃以後のSF』

現在、日本SFは活況を見せ、「夏」を迎えたと言われる。そこでは往々にして、ポストヒューマンという新しい人間のカタチが描かれている。限界研【編】評論集『ポストヒューマニティーズ 伊藤計劃以後のSF』は、社会現象を巻き起こした伊藤計劃の問題意識を起点に置きつつ、「政治」や「言語」、あるいは「コミュニケーション」などといった観点から現代SFの状況を捉え直すことで、〈日本的ポストヒューマン〉という新たなヴィジョンを提示してみせた。

本イベントでは、伊藤計劃以後、最も批評的な注目を集める本格SFの書き手・八杉将司の代表作であり、日本SF大賞の候補ともなった『Delivery』を具体的に検証しながら、SF的想像力の意義を掘り起こし、これからの人間、社会、そして2010年代のSFのあり方について考えていく。

出演者紹介

八杉将司(やすぎ・まさよし)

八杉将司

1972年生まれ。兵庫県姫路市在住。日本SF作家クラブ会員。『夢見る猫は、宇宙に眠る』で第5回日本SF新人賞を受賞。2004年、同作品にてデビュー。2012年、『Delivery』(ハヤカワSF-Jコレクション)が第33回日本SF大賞候補作となる。同作では宇宙規模の壮大なスケールにて、ポストヒューマンのあり方が問われた。その他の著書に、伊藤計劃『ハーモニー』への返歌を兼ねた『光を忘れた星で』(講談社BOX)がある。また、日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」の初代編集長をつとめた(2013年5月まで)。

岡和田晃(おかわだ・あきら)

岡和田 晃(SF評論家)

1981年、北海道生まれ。批評家、日本SF作家クラブ会員。「「世界内戦」とわずかな希望――伊藤計劃『虐殺器官』へ向き合うために」で第5回日本SF評論賞優秀賞受賞。『ポストヒューマニティーズ』に「「伊藤計劃以後」と「継承」の問題」を寄稿。文庫解説に伊藤計劃『The Indifference Engine』(ハヤカワ文庫JA)、ピーター・ディキンスン『生ける屍』(ちくま文庫)ほか。日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」にてポストヒューマンRPG『エクリプス・フェイズ』のシェアードワールド小説企画を進行中。

海老原豊(えびはら・ゆたか)

1982年、東京生まれ。日本SF作家クラブ会員。第2回日本SF評論賞優秀賞を「グレッグ・イーガンとスパイラルダンスを」で受賞(同論考は「SFマガジン」2007年6月号に掲載)。『ポストヒューマニティーズ』に「カオスの縁を漂う言語SF」を寄稿。「週刊読書人」「SFマガジン」に書評、「ユリイカ」に評論を寄稿。まれに翻訳もする。ジェンダー、教育、若年者労働、小劇場演劇に関心がある。

イベントに関するお問い合わせ
ジュンク堂書店 池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5
ジュンク堂書店 池袋本店 『ポストヒューマニティーズ  伊藤計劃以後のSF』刊行記念トークショウ