「作家書店Petit(プチ)」第二回:新井素子さん

2013年1月1日(火)~2013年2月28日(木) | ジュンク堂書店 池袋本店 7F

終了しました

SFブックミュージアム「作家書店Petit(プチ)」の第二回目は新井素子さんです。

  • 期間:2013年1月1日(火)~2013年2月28日(木)※2月は第三回の夢枕獏さんと同時開催です。
  • 会場:ジュンク堂書店 池袋本店 7F 特設会場 SFブックミュージアム内

新井素子さんからのメッセージ

私は非常に単純な人生を歩んできた人間で、物心ついた時には童話作家になりたい幼女でした。そんで、小四でエラリー・クイーン読んで、ミステリ作家志望の子供になりました。中二で平井和正さんのウルフガイを読んでSF作家志望の少女になりました。高二でSFの新人賞の佳作いただいて......以降、そのまんまの人生です。

そんでまあ、私が選んだ本棚は......もろに、まんま、ですね。
ただ。私が選んだ本は、どれもこれも、すっごく面白いです。ぜひ、楽しんでください。

プロフィール:新井素子(あらい・もとこ)

新井素子さん
1960年、東京生まれ。1977年、『あたしの中の......』で、第一回奇想天外SF新人賞佳作入選。立教大学文学部卒。
1981年、『グリーン・レクイエム』で星雲賞受賞、1982年、『ネプチューン』で星雲賞受賞、1999年、『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞受賞。
近著に、『もいちどあなたにあいたいな』(新潮社)『銀婚式物語』(中央公論新社)などがある。