『超時間の闇』

山本弘、小林泰三、林譲治 著 | 2013年11月7日発売 | 創土社

3人のSF作家が「超時間の影」をテーマに競作するクトゥルー・アンソロジー

『超時間の闇』

《大いなる種族・小林 泰三》

科学者松田竹男は「人間の脳に短時間で大量の情報を注入する」ための研究を行っていた。
開発した装置の名は「対人間収量情報技術実験装置」。
しかし、自らを被験者として得た情報は…
半ポリプ状の怪物が空を飛び、円錐状の肉体を持ち、その頂上から四本の肢が生え、そのうちの二つには鋏状の手が、一つには頭部らしき三つの目が、残りの一つはラッパ型の何かの器官を持った生物が棲まう世界のものだった。

《魔地読み・林譲治》

県庁職員である私は、とある極秘任務のため隣県へ向かう列車に乗っていた。
突然列車が止まった。市兵による巡検であった。
隣りに座っていた女に導かれ間一髪を逃げ延びるが、翌日逃走したルートを辿って目にしたものは、似ていはいるが昨日とは全く違ったものだった。
古(いにしえ)の神々の対決が数億年の時を越えて現代に甦る!

《超時間の檻・山本弘》

底知れぬ暗い空間を、私は落下していた。上も下もなく、前も後ろもない、無限の奥行きのある暗黒の空間。
何かにぶつかって停止し、突如感覚の洪水が襲ってきた。
様々な感覚が統合されたとき、私は雨の降る中、山道で車を走らせていた。
だが、なぜ?
山本弘22年ぶりのゲームブック!

書誌データ

  • 書籍名:『超時間の闇』
  • 著者:山本弘、小林泰三、林譲治
  • カバーイラスト:小島文美
  • 本文中のイラスト:小島文美、金魚の夢、小澤麻実
  • 出版社:創土社
  • 発売日:2013年11月7日
  • 判型/ページ数:四六判/365ページ
  • 価格:本体1700円+税
  • ISBNコード:ISBN:978-4798830100
  • Webサイト:『超時間の闇』|創土社

書店でご注文のお客様に表紙イラストのポストカードが特典としてつきます。
(ご注文の際に「ポストカードつきで」と添えてください。)