縞田理理 『ミレニアムの翼』2

縞田理理 著 | 2013年9月10日発売 | 新書館

スチームパンク・ファンタジーです

『ミレニアムの翼』2

産業革命により汚染された大地を捨て、人々は千層に及ぶ塔を幾つも建ててそこに移り住むようになった。それから五百年。塔は永世特許で科学技術を独占する五つの《発明卿》ファミリーに実行支配され、浄化された大地は貴族階級に分配されて民衆の手から遠ざけられたままだった。《リンデン塔》320階に住むサイラスはよろず屋。彼のもとに科学貴族の青年、夢遊病に悩む登段家、暗殺者の手を逃れてきた王女が次々転がり込む。ある夜、彼らは夢遊病の登段家が透明になって消失し、再び同じ場所に現れるのを目撃。消失中に起きた《発明卿》殺人の容疑者にされてしまった彼を助けるため、三人は《発明卿》ジャカード卿のパーティに潜入する。事件の裏に隠されていたのは《塔》始まりの時代に遡る驚愕の秘密だった。

書誌データ

  • 書籍名:『ミレニアムの翼』2
  • 著者:縞田理理
  • 装画:THORES柴本
  • 出版社:新書館
  • 発売日:2013年9月10日
  • 判型/ページ数:文庫/280ページ
  • 価格:本体850円+税
  • ISBNコード:978-4403541940
  • Webサイト:『ミレニアムの翼』2|新書館

関連リンク