『ミレニアムの翼 320階の守護者と三人の家出人・1』近日刊行

縞田理理 著 | 2013年1月10日頃発売 | 新書館

便利屋を営むサイラスのもとに転がり込んできた厄介な家出人とは......!?
一千階にも及ぶ塔、飛行艇に機械犬。産業革命後の塔国家を舞台にした、ヴィクトリア調ゴシックファンタジー!!

表紙でもおわかりのように、このところ進境著しいファンタジー作家縞田理理が満を持して挑んだヴィクトリアン・ファンタジーであり、誤解を恐れずにいえば、堂々たるスチームパンクSFです。第一巻にしてすでに胸躍る冒険活劇が繰り広げられていますが、今後これがどのような展開を見せるのか、まことに楽しみでなりません。

『ミレニアムの翼 320階の守護者と三人の家出人・1』 縞田理理 著
  • 書籍名:『ミレニアムの翼 320階の守護者と三人の家出人・1』
  • 著者: 縞田理理
  • 出版社:新書館
  • 発売日:2013年1月10日頃
  • 判型/ページ数: 文庫判/288ページ
  • 価格:893円(本体 850円)
  • ISBNコード:ISBN 978-4-403-54188-9
  • カバー:THORES柴本
シリーズの1巻です。 スチームパンク(スチームファンタジー?)のような、SF寄りのものです。

縞田理理

『ミレニアムの翼 320階の守護者と三人の家出人・1』 帯つき書影