『洞窟で待っていた』 〈21世紀空想科学小説〉シリーズ

松崎有理・作 横山えいじ・絵 | 2013年11月30日発売 | 岩崎書店

『洞窟で待っていた』

洞窟好きのアジマと女の子なのに土木技師に憧れるコマキは、幼なじみで、とにかく地下とか地面の穴が大好き。
6年生になって同じクラスにやってきた転校生イーダも「地下好き」だとわかり、3人で地元の地下歩道へ行った際、そこで、不思議な「依頼者」に出会う。
五千年以上も昔から生きつづけてきたと言う「依頼者」から、3人は地下のココダシを封印するために協力を求められた。

  • イラスト:横山えいじ。著者の強い希望で、表4にエボシカメレオン。
  • 世の中が宇宙探査に向かっている現在に、「そうだ、地下、行こう」という意欲作。

書誌データ

  • 書籍名:『洞窟で待っていた』
  • シリーズ名:21世紀空想科学小説
  • 作:松崎有理
  • 絵:横山えいじ
  • 出版社:岩崎書店
  • 発売日:2013年11月30日
  • 判型/ページ数:四六判/212ページ
  • 価格:本体1500円+税
  • ISBNコード:978-4-265-07507-2
  • Webサイト:『洞窟で待っていた』|岩崎書店